不要な物を処分する絶好のチャンス

部屋の中を見渡すと、気づかないうちに物がたくさん増えていることに気づきますよね。いつか使うだろうと思って1度も使わなかった食器類や雑貨、買ったものの数回着てみてなんとなくしっくりこなくてクローゼットにしまいっぱなしになっていた服、壊れていてもそのまま使っていた家具、などこの機会に処分してしまいましょう。新しい生活もすっきりと始められますし、何より荷物が減ることで引越しするときに料金が安くなるかもしれませんよ。

住所変更の連絡は引越し前に完了する

まず最初に電気・ガス・水道などの住所変更はやっておきたいですよね。万が一忘れてしまうと、新しい住所で電気がつかなかったなどということになりかねません。余裕をもって連絡しておくことで引越しのスケジュールも段取りよく運びますし、料金が余計にかかることを防いでくれますよ。他にも、保険・証券・職場への連絡・年金事務所・役所とあげれば沢山の連絡先があり、できれば全て引っ越し前にいっきに片付けてしまいましょう。それでも忘れている連絡先があるかもしれませんので、郵便局に転居届けも忘れずに出しておけば万全です。

不動産屋と引越し業者への連絡

短時間に2つの家を行き来しなければいけないし、家賃のことを考えると2つの家の家賃の重複はできるだけなくしたいですよね。これを事前に防ぐためには新旧の不動産屋に退去日と入居日を余裕をもって伝えましょう。退去する家の不動産屋さんには特に早めに打診しておかないと契約上で違約金がかかるかもしれないので、契約書も確認しておきたいところですね。同時に動かなければいけないのは引越し業者です。引越しが多い時期には希望の日程にあわないかもしれないので、余裕をもって連絡しましょう。

不用品の回収をするとき、普通に回収してもらうよりもリサイクルショップで売り払ったほうがお金になります。