翻訳って難しい・・・

最近、東京でオリンピックが開かれることなんかもあって、英語の重要性がまたクローズアップされてますよね。とはいえ私たち日本人にとって英語をマスターするのは長年の課題です。インターネットを開いても、英語、英語・・・。特に仕事で扱う資料まで英語だったり、最近のグローバル化で海外との取引も増えてきたりすると契約書なども英語、場合によっては現地で英語で交渉する必要もあったりします。そんなときに利用したいのが、翻訳サービスですよね。

翻訳ってどうやってやるの?

日本国内にも翻訳会社や翻訳サービスを提供している企業はたくさんあります。でも実際には、「翻訳者」と呼ばれている方のほとんどは在宅のフリーランスの方なんです。そして翻訳で大事なのは、とりわけ外国語から日本語に訳す場合は、語学力はもちろんですが「原文に何が書かれているか」を見抜く専門知識なんです。同じ単語でも分野によって全く異なる意味を持っていることがあります。最近はインターネットで無料で翻訳してくれるサービスもありますが、やっぱりそこが、機械では人間に勝てない部分でもあるんです。

翻訳サービスを利用しよう!

最近はソーシャル翻訳サービスといって、格安で翻訳を受け付けているサービスがあります。翻訳文の正確さについてはまだまだ発展途上のサービスも多いうえ、さらに機密文書などを取り扱う場合にはこのようなサービスはあまり向いていませんので、あくまで一般的な文書の翻訳に限定されます。でも、「この外国語はどのような日本語で訳すのが正しいのか」といった知識を、格安で得るにはぴったりのサービスですね。最終的には自分で全部訳せるようになりたいものですが、なんでも一歩一歩進めていくのが大事ですよね!

スマホ用のアプリに、画像を撮るだけで、文字を翻訳してくれる素晴らしい多言語翻訳アプリが存在します。文字を打ち込む事無く翻訳してくれるので、急場の時でも能力を発揮します。海外旅行中に立ち寄ったレストランのメニューなど、幅広く活用可能です。