営業がおこなうべき仕事

営業を持たない企業も多く、中小企業であれば、営業を雇用するだけでも結構な固定費なるために、アウトソーシングをするところが多いです。中小企業の場合は経営上、大企業ほど余裕をもてないところが多く、数名の営業員を雇用して、それ以外については営業代行の専門会社に委託します。特に営業は企業を訪問して、商品の説明を聞いてくれなければ売上を計上することができないために、そのようなアポイントをまず取ることが大切になります。

開拓営業はアウトソーシングで

そのため営業代行の会社の人としては、商品についての詳細な知識は必要ありませんが、交渉力が必要になります。また限られた商品知識の中から、相手が興味を示すようなロープレをおこない、相手の担当者が話を聞きたいと思えるような状況にしていきます。そこで相手が詳細な話を聞きたいということになれば、自社の営業が交代して説明をおこなうことになります。そのため、自社の営業としては開拓するというストレスから解放されることになります。

営業はクロージング勝負で売上獲得

このように少ない社員数であっても、最近では企業として必要な部署の業務をアウトソーシングできるような環境になっています。営業も必要最低限の社員を確保することで、経営ができますし、また事務員については経理や総務といった業務はもちろんのこと、最近では人事採用業務であってもアウトソーシングができるようになっています。企業にとって売上を計上するための営業活動についてもアウトソーシングを活用してクロージング勝負のスタイルになることも考えられます。

営業代行を利用すれば経験や実績が豊富なスタッフによって営業力を強化して、新規顧客の獲得も目指すことが出来ます。